Broods

詳細はこちら

<過去の公演>

11月26日(木)開場 18:30/ 開演 19:00
会場:代官山UNIT
Ticket:スタンディング ¥5,000(税込)

11月26日(木) 開場 18:30/ 開演 19:00

代官山UNIT

スタンディング ¥5,000(税込)

 

<バイオグラフィー>

1993年、1991年生まれのリードボーカルのジョージア・ノットとマルチインストゥルメンタリストのカレブ・ノットの兄妹で2013年に結成されたエレクトロ・ポップデュオ。
10代のころから二人はその才能あふれる音楽性を開花させ、2011年にThe Peasantsというバンドを結成し、ニュージーランドで毎年開催される高校生バンドを対象にしたミュージック・コンペティション、the Smokefreerockquest music competitionで優勝を果たす。しかしバンドは2012年に解散し、2013年にジョージアとカレブは改めて兄妹デュオを結成。プロデューサーには同じくニュージーランド出身の若き歌姫、ロードを世に送り出した音楽プロデューサーとして知られるジョエル・リトルを招き、1stデビュー・シングル「ブリッジズ」をリリース。MTVは“甘く切ないシンセポップが響きわたる一曲”と評した。こちらのシングルはIdolatorなどさまざまな世界的に有名な音楽評論ブログで紹介され、また絶賛の声を受け、リリース初週にして各メディア合わせて20万回以上再生された。 デビュー・シングルにも関わらず、ニュージーランドのミュージック・チャートで8位にランクインし、アメリカ版iTunesでは2014年2月のシングル・オブ・ザ・ウィークに選出された。

ブルーズは「ブリッジズ」に続き2ndシングル「ネバー・ゴナ・チェンジ」をリリース、その後イギリス、ヨーロッパ各国では大手レコード会社のポリドール・レコードより、またワールドワイドにはキャピトル・レコードよりEP『ブルーズ』をリリースし、彼らの音楽は着実に世界から認知されていった。
2014年8月、ジョエル・リトル全面プロデュースのもと制作されたブルーズの1stアルバム『エバーグリーン』がリリースされた。ジョージアの艶のあるボーカルに加え、研ぎ澄まされ落ち着いた趣のある音質に、テンポの良い心地よいリズム。計算しつくされたポップ・ミュージックがそこにはあった。『エバーグリーン』はニュージーランドのアルバム・チャートで一位を獲得、また同年、ニュージーランド・ミュージック・アワード2014でブレイクスルー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー、ピープルズ・チョイス・アワード、そしてシングル・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた。

その人気、実力はニュージーランドだけにとどまらず、近年はアメリカ、カナダでワンマンツアーを行い、また世界中の大型音楽フェスティバルに出演を果たし、活躍の場を広げている。「ツアーをしたら自分らしく生きることだけではなく、自分に自信を持つということがいかに大切なことなのか気づいたの。」とジョージアは語り、「だってもしあなたが真実に向き合っていなかったら、人より秀でることはできないもの。」と彼女は付け加えた。

現在、ブルーズのファースト・シングル「ブリッジズ」はこれまでにYouTubeで180万回再生され、サウンドクラウドでは39,000人以上のフォロワーを獲得している。リード・ボーカルのジョージアはたった2年でワールドワイドに活躍するバンドへと遂げたブルーズ、また自身の現在の境遇について「今起こっていることが必然だとは思っていないわ。」とコメントし、カレブは次のようにコメントを寄せた。「僕たちは24時間ずっとアクティブに音楽制作にいそしんでいるんだ。これが今僕たちがしていること。これが僕たちの人生なんだ。」
ブルーズは聴く者の感情を掻き立て心に刻まれるようなエモーショナルな音楽を奏でることができる数少ないバンド。世界中の音楽ファンが彼らに熱狂するのは必然なのだ。