Michael Buble

現在Michael Bubleの公演はありません。

Michael Bubleをお気に入りに登録して最新の情報をゲットしよう

詳細はこちら

<michael bublé Live in Japan2015>
2015年2月6日(金)
開場18:00/開演19:00
@日本武道館
S席 \18,000 / A席 \9,500

<過去の公演>

michael bublé Live in Japan2015

2015年2月6日(金)開場18:00/開演19:00

日本武道館

S席 \18,000 / A席 \9,500

 

 

<バイオグラフィー>

本名マイケル・スティーヴン・ブーブレ(Michael Steven Buble)カナダ・バーナビー生まれのヴォーカリスト。母方の祖父がイタリア出身のため、イタリアの市民権も持っている。スタンダード・ナンバーを愛する漁師の祖父から自然に音楽の影響を受ける。

長期の下積みの後、カナダ首相令嬢の結婚式での歌唱が、式に偶然出席していたデイヴィット・フォスターの耳に留まり唯一無二の声と絶賛。その出会いが “プロデューサーとヴォーカリストのベスト・マッチ” となり、飛躍のきっかけとなる。

2003年に自身の名前を冠したデビューアルバム『マイケル・ブーブレ』を発売、カナダ、イギリス、オーストラリアのチャートで軒並みTOP10入りを記録。12ヶ国でプラチナ・ディスク、3ヶ国でゴールド・ディスクを獲得、全世界で400万枚を売り上げる。
2007年、アルバム『コール・ミー・イレスポンシブル』を発売。アメリカ、カナダ、ドイツ、オランダ、南アフリカ、オーストラリアの6ヶ国で初登場1位を獲得、全世界で売上枚数1,100万枚を突破。名実ともにワールドワイドで大ブレイクに至る。
NYタイムズでは「どこよりもステージでアット・ホームになるエンタテーナー」と言う。スタジオでのクリエイティブもさることながら、彼にとってはステージのパフォーマンスが純粋にパラダイスなのだ。ビッグバンドを従えてのゴージャスなサウンド、屈託のないユーモア溢れるキャラクター、丁寧に積み上げられた美しいサウンド×エモーショナルでダイナミック、なのに繊細でどこか郷愁や憂いも含むヴォーカル。これほどまでに奇をてらわないオーセンティックな音楽が、21世紀の今この時代、全世界で熱く広く支持されている。

2004年、カナダのジュノー賞で最優秀新人賞を獲得。同年夏には『スパイダーマン2』のエンディング・テーマに起用、アメリカの人気TVドラマ『ラス・ベガス』にも出演。

2005年リリースのアルバム『イッツ・タイム』はアメリカで特に好評を博し、同アルバムからのシングル『ホーム~きみのもとへ帰りたい』がビルボード誌のアダルト・コンテンポラリー・チャート・NO.1を獲得、全世界売上枚数が450万枚を突破。

2006年のジュノー賞では最多4部門を受賞、ライブCD・DVD『Caught In The Act』は、2年連続でグラミー賞にノミネート。

今年10月9日に発売されたNEWアルバム「クレイジー・ラヴ」は全米アルバム・チャート2週連続1位、amazon、iTunesでも1位の快挙獲得。オーストラリア、アイルランド、シンガポール、オランダ、イタリアなど各国共に続々1位、もはや世界のスタンダード不動の地位へ。 UKでの初登場は惜しくも2位だが、O2アリーナ2DAYSほかUKから5月に開始するワールド・ツアーのチケットは58秒で即完。