Yungblud

イベント

詳細はこちら

YUNGBLUD(本名:Dominic Richard Hudson)は、1997年8月5日生まれ。イングランド中北部のドンカスター出身のヤングブラッドは、2歳の時にギターを始め、10歳でオリジナルの曲を書き始め、16歳の時には自身の音楽キャリアをスタートさせるためにロンドンに引っ越した。The ClashやN.W.Aなどのような教唆者的なアーティストからの影響を受け、自身の音楽的なヴィジョンを明確にした後、2017年春にデビュー・シングル「King Charles」をインディー・アーティストとしてリリース。その才能をすぐさま見出され、同年の夏に大手レーベルの米・ゲフィン・レコードとの契約が決まった。2018年にリリースしたデビューEP 『YUNGBLUD』では、ヨークシャー南部にいた時の実体験に基づいた不運な恋愛経験について歌っており、今や彼を象徴する「I Love You, Will You Marry Me」などが収録されている作品。2018年7月にアルバム『21st Century Liability』をリリースした後に、ヤングブラッドはアメリカやヨーロッパで単独のソールドアウトショーを敢行。これらに加えロロパルーザ、リーディング・アンド・リーズ、オースティン・シティ・リミッツ、NXNなどの大型フェスティバルへ出演する。2019年に発表した欧米を跨ぐワールドツアー全52公演はすべてソールドアウト。マシン・ガン・ケリーとトラヴィス・スコットとともにリリースした「I ThinkI’m OKAY」やマシュメロやブラックベアとリリースした「Tongue Tied」などの大物アーティストらとのコラボ作品が話題になったことも記憶に新しい超新星。オルタナティヴでパンクなポップ・センセーションの幕開けだ。